ショッピングガイド

商品のお取り扱いについて

陶磁器のお取り扱いについて

安全に永くご愛用いただくために

以下の点についてご注意ください

  • 製品本来の用途(食器・花器・インテリア用品など)以外には、ご使用にならないでください。
  • ご購入後、衛生上必ず洗ってからご使用ください。
  • 強い衝撃や急激な温度変化は、ヒビ・カケなど破損の原因となりますので、お避けください。万一、ヒビ・カケなど破損した場合は、破片などで怪我をしないよう充分にご注意ください。
  • ヒビやカケなどの入った食器は、安全のためご使用をお止めください。
  • 煮沸、高温での湯煎は、破損の原因となりますのでお止めください。
  • 熱い料理やお湯にご使用の場合、食器も熱くなりますので、火傷にご注意ください。
  • 製品の底部は研磨により平滑に仕上げておりますので、収納や運搬の際は崩れや落下にご注意ください。キズつきやすいテーブルなどの上ではマットやテーブルクロスなどを敷いてご使用ください。
  • 食器を直接重ねると食器同士で傷つけることがありますので、ご注意ください。
  • 電子レンジやオーブンでご使用の際は、機器の取扱説明書をよくお読みの上、正しくお使いください。永くご使用いただくには、電子レンジやオーブンの使用はできるだけ控えていただくことをおすすめします。
  • 直火、IHクッキングヒーターによるご使用はできません。

電子レンジ・オーブンのご使用について

以下の点についてご注意ください

  • 食器以外の製品(花器、置物など)は電子レンジ・オーブンにはご使用にならないでください。
  • 金銀の装飾が施されていない製品は、家庭用電子レンジでご使用いただけますが、オーブン・グリル・過熱水蒸気などの機能には対応していません。ただし、食器本体の裏印に「OVEN SAFE」と表示のある食器はオーブンでご使用になれます。
  • 金銀装飾の施された製品は、電子レンジにご使用いただけません。但し裏印に「MICROWAVE SAFE」と表示のある食器に限り、電子レンジでご使用になれます。
  • 空焚き、急熱急冷(※1)は、破損の原因となりますので、お止めください。
  • 加熱後は火傷にご注意ください。
  • ヒビやカケの入った製品は、加熱中に割れる場合がありますので、使用しないでください。
  • 電子レンジ、オーブンをご使用する際は、機器の取扱説明書をよくお読みの上、正しくお使いください。
  • 1「急熱急冷」の例として、以下の状況があります。
    電子レンジなどで温めた後、すぐに水につけたり、冷えた流し台の上に直接置く。
    電子レンジなどで温めた後、すぐに冷えた濡れ布巾の上に置く、または拭く。
    冷凍庫や冷蔵庫から出してすぐに加熱する。

洗浄によるお手入れについて

以下の点についてご注意ください

  • ご使用後の汚れは、早めに落としてください。そのままにしておきますとシミ・茶渋・汚れが落ちにくくなります。
  • 永く美しくご使用いただくために手洗いをおすすめします。その際は、台所用合成洗剤を使用し、柔らかいスポンジや布などで洗ってください。
  • 金属タワシや研磨剤付スポンジ、クレンザーなどは、製品の表面に悪影響を及ぼすため、ご使用をお避けください。
  • 家庭用食器洗い乾燥機をご使用の場合は、機器及び洗剤の取扱説明書をよくお読みのうえ、正しくお使いください。機器内で食器同士がぶつかるとヒビ・カケが発生したり、表面を傷つける原因となる場合があります。
  • 金銀装飾部は性質上ハゲたりキズがつきやすいので、金銀装飾がある食器は手洗いをおすすめします。また、金銀装飾がない食器についても、家庭用食器洗い乾燥機による洗浄を長期間にわたって続けますと、絵柄の色あせや表面上に細かなキズが生じる場合があります。
  • 長時間水に浸したままにしておきますと、食器の釉薬がかかっていない部分から洗剤などがしみこみ、汚れの原因となりますのでご注意ください。
  • 茶渋など頑固な汚れには、台所用漂白剤をご使用ください。その場合は、台所用漂白剤の取扱説明書をよくお読みの上、正しくご使用ください。尚、金銀の装飾が施された製品、上絵付け製品(※2)は、絵柄に悪影響を及ぼすことがありますので、酸素系漂白剤をご使用ください。
  • 2上絵付けとは、釉薬の表面に絵柄があるものです。

その他のご注意いただくこと

  • うわぐすりの無い部分を食酢・梅酢などの酸性が強い食品に接した状態で長時間ご使用にならないでください。素地を傷めることがあります。
  • 製品にシールが貼ってある場合は、はがしてお使いください。

金属食器のお取り扱いについて

安全に永くご愛用いただくために

以下の点についてご注意ください

  • 食事用以外にはご使用にならないでください。
  • 幼児(小児)の手が届かない所に収納してください。
  • ナイフの刃やフォークの尖った部分などで怪我をしないようにお取り扱いにご注意ください。
  • 金属食器は電子レンジにはご使用いただけません。
  • ナイフやフォークをバーベキューの串としてご使用されたり、電子レンジや 直火で食品と一緒に加熱しないでください。
  • 汚れや塩分がついたまま放置・保管しますとサビることがありますので ご注意ください。
  • サビやすい製品と長い間接触した状態で放置・保管しないでください。
  • サビがステンレスに付着したり、サビる原因になることがあります。
  • メッキ製品は湿気の少ない乾いた所に収納してください。
    又、メッキ部分は柔らかいため、他の材質の金属食器と一緒にされますと 擦り傷が付きますのでご注意ください。

洗浄によるお手入れについて

以下の点についてご注意ください

  • メッキが施されていないステンレス製品は家庭用食器洗い機がご使用になれます。機器の取扱い説明書をよくお読みいただき、正しくご使用ください。
  • メッキ製品は、家庭用食器洗い乾燥機のご使用をお避けください。手洗いをしてください。また、手洗いでもアルカリ性洗剤で洗浄すると表面に悪影響を与えることがあります。
  • 金属タワシや硬いスポンジ(研磨材付きタワシ)、クレンザー(桂粉等硬い研磨剤入り)等をご使用になりますと、傷が付きますのでご使用にならないでください。
  • ご使用後は、できるだけ早く柔らかい布かスポンジを用い中性洗剤で温水洗いし、清潔な温水でよくすすいでください。
  • 水滴が乾かないうちにケバのない布でよく拭いてください。水滴が付いた まま乾かしますと水滴の跡が取れにくくなります。洗浄後よく乾かして、 湿気の少ない所に保管してください。
  • 乾拭きをされる際も強く磨いたり拭いたりしないでください。

その他のご注意いただくこと

【銀メッキ製品について】

  • 空気中の硫黄と化合して黒く変色します。長期間保存する場合は、銀の光沢を出来るだけ失わないようにするために、ポリエチレン袋、油紙等で完全に包み、箱に入れて保管し、空気に出来るだけ直接触れさせないようにしてください。
  • 保管する場合は、輪ゴムなどのゴム製品や塩化ビニール製品と長い間 接触させますと、変色の原因となりますので、これらの材質と長い間触れ させないようにしてください。
  • 表面が黒ずんだ時(銀と微量な硫化物との化合)には、市販の銀磨き剤を柔らかい布につけて軽く静かに表面をなでるように磨いてください。
  • 【注意】塩素系漂白剤をご使用になると黒く変色する原因となりますので、 絶対にご使用にならないでください。

【磁器製ハンドル製品について】

  • 強い力を加えると、ハンドル部分が欠けたりしますのでお取り扱いにご注意ください。
  • 割れたり欠けたりしたハンドルのその箇所に触れると、怪我をする恐れが ありますので十分ご注意ください。