柴田是真画 陶額 冬 「水仙」

  • ギフトボックス入り
商品番号 T792-4/Y59120
¥ 110,000 税込
5,000 ポイント還元
商品の詳細
商品説明

明治宮殿千種の間と呼ばれた広間の格天井を彩った綴織の約一メートル四方の迫力ある下絵(東京芸術大学美術館所蔵)を細部にわたりノリタケが描き上げた逸品作です。
東京藝術大学美術館 監修作品
意匠の技と伝統が混沌する宮殿
「明治宮殿」とは、明治二年(1869)より皇居として用いられた旧江戸城西の丸御殿が明治六年(1873)五月五日に焼失したのを受けて、その再建のために明治二十一年(1888)竣工し、昭和二十年(1945)五月に戦火によって焼失するまで皇居として用いられた建築の呼称。西の丸・山里地域に建てられ、現在の皇居における宮殿が明治宮殿の跡地に位置します。

柴田是真(しばたぜしん)1807-1891
幕末から明治にかけて蒔絵・漆絵・絵画で活躍し多くの作品を残した。江戸で蒔絵師の元に入門し、円山四条派の絵画を学び、蒔絵師としても絵師としても高い評価を得、維新後は明治政府にも重用された。海外でも是真の作品は人気が高い。

商品のシリーズについて

冬の花として描かれたのは寒さ染み入る冬にあって清楚なその姿と香りが気高く、まるで仙人のようであることから名付けられたといわれる水仙。すらりと伸びる水仙の姿形を生かし、しなやかに描かれています。

仕様
商品番号
シリーズ 柴田是真画
サイズ 額サイズ:約38×38cm プレート直径:約27cm
重量 -
サイズ・容量 -
材質 【額】漆器(輪島塗り)【プレート】ボーンチャイナ
原産国 JAPAN
注文単位 1個
機能 -
梱包サイズ -
旧品番 Y59120/T792-4
ユーザーレビュー

レビューが採用されると100ポイントプレゼント!
ログインのうえレビュー投稿してください。

採用されたレビューは当社の確認・編集後に掲載され、あわせてポイント(100ポイント)が付与されます。
【レビュー記入時のご注意】
他人の権利、利益、名誉などを損ねたり、法令に違反する内容を投稿することはできませんのでご注意ください。
レビュー内容が不適切と判断した場合は、予告なく投稿を削除する場合がございます。

ラッピング・熨斗サービス

ギフトラッピング

ギフトラッピングをご希望の方には、廃番品やアウトレット商品を除く全ての商品を、無料でラッピングいたします。

メッセージカード作成

リボン

熨斗(のし)

手提げ袋

詳しくはこちら