2019/5大倉陶園は 創立100周年を迎えます。

大倉陶園の歴史

  • 1876

    大倉陶園創立から
    さかのぼること半世紀前

    東京銀座に輸出商社森村組創業、ニューヨークに小売店モリムラブラザーズ開店。
    森村組の創業者森村市左衛門の義弟であった大倉孫兵衛は、市左衛門の「国利民福」への想いに共感し森村組に参加する。
  • 1904

    日本陶器合名会社(現 株式会社ノリタケカンパニーリミテド)創立

    貿易事業で様々な商品を扱うなかで、陶磁器に将来性を見出した森村組は、「美しく精緻な洋食器を日本でつくりたい」との思いのもと、近代的な大工場を名古屋・則武の地に建設して日本陶器合名会社(現 株式会社ノリタケカンパニーリミテド)を創立。初代社長に大倉和親就任する。1914年、試行錯誤ののち、日本で初めて白色硬質磁器ディナーセットを完成。
  • 1919

    東京・蒲田に大倉陶園創立

    日本陶器がディナーセットの輸出よって国益に寄与していく一方で、大倉孫兵衛・和親父子は、欧州のブランドに負けない一層美術的価値の高い磁器を作ることを目的に、私財を投じて大倉陶園を創立。

1922

初窯品
「薄肉彫鳳凰菓子鉢」を完成させることに成功。

技法

幾多の新技法を開発。
数多くの名品を世に送り出していきます。

  • 大倉ホワイト

    大倉陶園では、完璧な白磁の美しさを求めて最高級カオリンを贅沢に使用。世界でも類を見ない1460度の高温で焼成することによって「大倉ホワイト」と呼ばれる独特の白さを持つ白磁器が生み出されています。

  • 岡染め

    本焼成した白生地にコバルト絵具で絵付けをし、再度高温で焼成。コバルトの青色は釉薬と柔らかに融合し、深みと優しさを加えながら美しい文様を作りあげます。

  • 手描き

    国家技能検定一級を取得した選りすぐりの絵師たちが心を込めて製作する品々はまさに芸術品です。

  • エンボス

    柔らかい素地に文様を刻み込み、その部分のみ釉を施さず本焼成、その後さらに金を焼き付けます。今日では大倉陶園だけが保持する技法です。

  • 漆蒔

    漆の上に絵具の粉を蒔き、綿で丹念に染み込ませていく技法です。色の深み、艶やかさは世界的に高い評価を受けています。

100周年記念商品

大倉陶園は100周年を迎えるにあたり、連綿と受け継いできた「良きが上にも 良きものを」という理念をあらためて見つめなおしました。そして次の100年に向けてこの理念を引き継いでいくシンボルとなる作品をつくり上げました。100年の歴史で培った技術と感性を惜しみなく注ぎ込んだ作品の数々をお楽しみください。

  • 百花譜 ディナーセット(63ピース 絵変り)
    価格:10,800,000円
    多くの方々に支えられた100年の道のりに感謝の念を抱いて、100種類の花々を選びディナーセットに仕立てました。白磁の凛とした美しさを大切にしつつ、職人が花々を丹念に手描きした、壮大なスケールの逸品です。

  • 蓋付大型扁壺 春秋
    価格:7,560,000円
    100周年を記念して開発した大型扁壺に、春秋の風物を手描きで表現しました。表と裏それぞれに描かれた桜と紅葉が、肩越しに垣間見え、季節の移ろいを感じさせます。

  • Rose Wars 薔薇の競演
    チェステーブルセット 価格:3,780,000円
    グラスチェスセット(32pc) 価格:1,080,000円
    日本を代表する3つの工芸の力を結集して、チェスセットを創り上げました。イギリスで実際に起こった「薔薇戦争」をテーマに、カリモクのテーブルに大倉陶園製のチェス盤をあわせ、カガミクリスタルの切子グラスを駒に見立てました。

  • メリーゴーランド ランプスタンド
    価格:540,000円
    木馬、馬車、人物、金の装飾が瑠璃地の上に輝く華やかなメリーゴーランドのランプです。ホヤにはカガミクリスタルの切子グラスを組合せ、特別な輝きを放つランプスタンドが生まれました。

  • ヴィクトリア 60pc銀食器揃(チェスト付)
    価格:2,916,000円
    伝統工芸の匠の技術を用いて使いやすさを追求した「キュイエール アン 925」に、大倉陶園のロゴを刻印した特別なシルバーコレクション。代々受け継いでいくアイテムにふさわしく、特製のチェストに収めました。