ノリタケ食器オフィシャルサイト|公式通販

ホーム > 絵柄からさがす > 花生・インテリア > 柴田是真画 陶額 秋 「桔梗」

柴田是真画 陶額 秋 「桔梗」

柴田是真画 陶額 秋 「桔梗」

商品番号 Y59120/T792-3

108,000円(税込)

5,000ポイント還元

数量
商品についてのお問い合わせ
お気に入りに登録する お気に入りに登録済み

商品説明

明治宮殿千種の間と呼ばれた広間の格天井を彩った綴織の
約一メートル四方の迫力ある下絵(東京芸術大学美術館所蔵)を
細部にわたりノリタケが描き上げた逸品作です。

東京藝術大学美術館 監修作品

商品のシリーズについて

意匠の技と伝統が混沌する宮殿
「明治宮殿」とは、明治二年(1869)より皇居として用いられた旧江戸城西の丸御殿が明治六年(1873)五月五日に焼失したのを受けて、その再建のために明治二十一年(1888)竣工し、昭和二十年(1945)五月に戦火によって焼失するまで皇居として用いられた建築の呼称。西の丸・山里地域に建てられ、現在の皇居における宮殿が明治宮殿の跡地に位置します。

柴田是真(しばたぜしん)1807-1891
幕末から明治にかけて蒔絵・漆絵・絵画で活躍し多くの作品を残した。
江戸で蒔絵師の元に入門し、円山四条派の絵画を学び、蒔絵師としても絵師としても高い評価を得、維新後は明治政府にも重用された。
海外でも是真の作品は人気が高い。

このシリーズのラインナップを見る

商品スペック

商品番号Y59120/T792-3
シリーズ柴田是真画 限定作品
サイズ額サイズ:約38×38cm プレート直径:約27cm
材質額:漆器(輪島塗り) プレート:ボーンチャイナ
原産国JAPAN
注文単位1点
  • お支払い方法
  • 配送・送料
  • ラッピング・熨斗
  • 商品のお取扱いについて
  • 返品・交換

取扱店のご案内

店舗にもぜひお越しください

手にとってご覧になりたいお客様は、お近くの取扱店舗へお越しください。専門スタッフがご要望をお伺いながらベストな食器選びをお手伝いしております。

※商品のお取り扱いについては各店舗へお問い合わせください。