ノリタケ食器オフィシャルサイト|公式通販

FRANK LLOYD WRIGHT DESIGN TABLEWARE フランク・ロイド・ライト デザイン テーブルウェア

20世紀の最も偉大な建築家に数えられるフランク・ロイド・ライト。1923年(大正12年)に完成した帝国ホテル2代目本館、通称「ライト館」を設計、日本の建築にも多大なる影響を与えたことで知られています。当時「ライト館」で使用された食器はフランク・ロイド・ライトによりデザインされ、ノリタケの前身である日本陶器合名会社が製造しました。

2017年はフランク・ロイド・ライトの「生誕150周年」となります。このたびノリタケでは、ライト生誕150周年を記念して新たに2種類のコレクションをリリースしました。「帝国ホテル ライト館」にその原点を持つシリーズ「インペリアル」とともに、フランク・ロイド・ライト デザイン テーブルウェアの魅力をご紹介します。


フランク・ロイド・ライトが帝国ホテルのためにデザインした

IMPERIAL インペリアル

フランク・ロイド・ライトが「帝国ホテル ライト館」で当時館内で使用するためにデザインしたテーブルウェアは、ノリタケの前身である日本陶器合名会社が製造を担当しました。
そのデザインを米国フランク・ロイド・ライト財団の許可を得てアレンジして復刻したのが「IMPERIAL インペリアル」。当時使われていたテーブルウェアは白磁でしたが、現在は艶やかなボーンチャイナにアレンジされています。オリジナルの持つ鮮やかな色彩を尊重したリズミカルな意匠の際立つシリーズです。


フランク・ロイド・ライト インペリアル

ライトらしい幾何学形状のデザインがユニークな

MARCH BALLOONS マーチバルーンズ

「MARCH BALLOONS」のデザインは1927年、LIBERTY MAGAZINEのために毎月のテーマに基づいた12点のカバーシリーズのひとつとして作成されました。3月号のために作成されたこのデザインは、ライトが好んだ幾何学形状の円モチーフで、カラフルに重なり合う気球が表現されています。
この鮮やかなデザインの再現には、2017年ノリタケが開発したセレン、カドミウムフリーの安全、安心なオレンジの絵具が使われています。


フランク・ロイド・ライト マーチバルーンズ

歴史ある「インペリアル」シリーズをモダンにアレンジ

IMPERIAL BLUE インペリアルブルー

1998年の復刻以来、人気シリーズとなった「インペリアル」に新しいコレクション「インペリアルブルー」が加わりました。リズミカルな幾何学模様はそのままに、時を超えて愛され続ける日本の色「ジャパン・ブルー」を用いて新しい魅力を引き出しました。薄さと軽さ、究極の白さと高い透光性を持つ素材プレミアムホワイトを使用し、電子レンジでもお使いいただけるよう配慮。男女を選ばないデザインで、贈り物にもおすすめです。


フランク・ロイド・ライト インペリアルブルー

フランク・ロイド・ライト(1867~1959)

20世紀の最も偉大な建築家の一人。革新的なデザインと新しい技術や材料を積極的に取り入れた手法で、建築界に新たな思考をもたらしました。また、建築だけにとどまらず、グラフィックデザイン、家具、テーブルウェア、アートガラス、テキスタイル、ホームデコレーションなど、さまざまな分野でその想像力を発揮しました。

page back page top